HOMEトップページSHOP INTERIOR店舗デザイン店づくりの基本>リフレッシュとリノヴェーション

リフォームとリノヴェーション

 店舗改装リフォームで、『2年経ったら再検討せよ、5年続いたら疑え、10年経ったら捨ててしまえ』 (フルフレッド・E・バルマン)という言葉がありますが、店舗デザインだけでなくすべてのビジネスについて言えることです。今ではもっと早いサイクルで検討が必要かもしれません。何年も昔は、改装すれば売り上げを回復できる時代もありましたが、今では夢のような話です。飲食店でも新メニューの開発は、必須の事項です。リフォームとは形を変えるという意味では、昔の考え方と言わねばなりません、リノベーションとは改革、中身からすべて新しくする、業態変換や商品構成の一新など店舗コンセプトを変えて新しく店舗を作り直すことが、重要です。


グラフ



大阪・神戸・京都の店舗開業、リフォームのご相談は、一級建築士で中小企業診断士の吉川正勝が、無料にて親切に対応いたします。
大阪商工会議所・神戸市産業振興財団・公益法人京都産業21に登録、アドバイザーとして、中小企業小売店をサポートしております。安心してご相談ください

案内バナー
改装の要因
  1)店舗が陳腐化してくる
  2)従業員の慢性化
  3)社会変化に合わなくなる

リフォームレイアウトを改めて床、壁、天井を新しくする
          
 ストアコンセプトから考え直して、お店の心身共に、商品構成、
 従業員の対応、お店のデザイン、全てに関してリフレッシュする。
  ↓
リノベーション
リノベーションとは、商品構成や売り方、サービスの方法等まで新しく作成しお店を根本的に見直すことです。しかし、10年前はこれでよかったのですが、これから、ライフスタイルや都市環境等、激変が予想され業種・業態の変更やEコマースも視野に入れた変革が望まれます。

電話バナー

下の資料はある大阪の飲食店のリフォーム計画の提案書の一部です。経営環境をSWOT分析して、進むべき方向を明確化して、リフォームのデザイン性やレイアウトを決定いたします。ご参考ください。(3ページありますのでダウンロードしてみてください)
提案書 例
店舗計画              建物配置、建物計画のポイントを説明します

ストアコンセプト

ストアコンセプト

店舗リフォームデザイン      店舗リフォームの注意点について説明します  

店舗設計チャート         店舗設計の流れをチャートを使って説明します。店舗設計には十分時間を!

店づくりのスケジュール      店づくりの計画から完成までどのぐらい時間がかかるのでしょうか?店舗内装工事期間は・・・

店舗レイアウトの基本
      物販店、飲食店、百貨店等の店舗レイアウトについて説明します。店舗設計における平面計画の重要性(売り上げアップ)に
                    ついて説明します。

照明計画              照明の基本についてせつめいします。今の店舗デザインにおいて、照明計画が特に重要です。

ライティング写真

CI計画                店舗デザインで今、特に気を使いたいのがグラフィックデザインです。

看板を考える            看板とは何か。写真で名称役割を説明します。
店づくりの基本          店舗デザインの基礎(店舗レイアウトの基本店づくりの進め方・リフォームとリノベーション等)について説明します。
はじめての店づくりのために   初めての店作りで店舗内装工事の相談予算スケジュールについて説明します。
売り上げアップの原理      店舗レイアウト売り上げアップの関係を説明します。
店舗リフォーム           店舗リフォームの注意点について説明します


■当社は、下記の公的機関において専門家登録をしております。安心してご相談ください。


公益法人 ひょうご産業活性化センター
公益法人 とくしま産業振興機構
公益法人 京都高度技術研究所
公益法人 神戸産業振興機構
公益法人 京都産業21
大阪商工会議所 エキスパートバンク
公益財団法人 わかやま産業振興財団
公益法人 三重産業支援センター
独立行政法人 中小企業基盤整備機構

連絡バナー

(有)一級建築士事務所 カジャグーグー

大阪府知事登録(へ)14346号
所在地 〒532-0004 大阪市淀川区西宮原3-2-1 第2ニッケンマンション402号
電話  06−6868−9836 
FAX  06−6868−9848

Q&A グーグーへの質問LINK リンクのページへトップページへ店舗コンサルタント.NETへ |家づくりアトリエサイトへ | 店舗診断サイトへ