HOMEトップページSHOP INTERIOR店舗デザイン店舗デザインの基本>医院のレイアウトの基本

医院のレイアウトの基本

医院レイアウトの基本
店舗診断サイトの店舗レイアウトのページ(http://www9.ocn.ne.jp/~kajagogo/layout.html)もご覧ください
 医院デザインを考える中で平面計画が大変重要です。レイアウトは大きく二つの視点からそのあり方を考えなければなりません。一つは患者様とスタッフの動線の取り方であり、もう一つは医院イメージ造りであります。患者動線とスタッフ動線(ドクター動線)は、なるべく交差することなく配置し、スタッフ・ドクター動線はできるるだけ短く計画し、無駄な動きない効率的で、生産性の高いものでなければなりません。ですからレイアウトを計画するときには、最初は受付の位置を決定してから始める場合多いようです。受付位置は、患者とスタッフの接点で一番重要な位置であり、スタッフ動線は受付の位置を基点に行われます、また患者様も医院に入ってきたときから最初に向かう場所だからです。医院イメージ造りにおけるレイアウトは、医院のデザインすなわち店舗全体から受けるイメージやムード造りに大きく関係し安心してもらうために重要です。

■医院デザインに大事にしたいこと
 1.動線の区別(ドクターの動線、看護師の動線、患者の動線を明確にして、動線がクロスしないようにプランニングします)
 2.5Sなデザイン(整理、整頓、清掃、清潔、躾を常に意識したクリンネスな空間を考えます)
 3.グラフィックデザイン(ファサードサイン、トイレサイン、誘導サインなど特に気を使って医院デザインします)
 4.照明計画(患者さんが落ちつけて、安心できる照明計画)
 5.. カラースキム(グリー系の色彩と自然素材のコーディネイト)

■医院デザインに注意したいこと
 1.保健所への申請や相談は早い段階で、すませておくこと。有床の診療所は建築確認申請が必要です
 2.診察室は自然光による採光が必要です
 3.トイレは身障者対応を要求されることがあります
 4.レントゲン、MRIなどの大型診療機器については、床荷重の検討が必要です
 5.シックハウスの検討

電話バナー

大阪・神戸・京都の店舗開業、リフォームのご相談は、 一級建築士で中小企業診断士の吉川正勝が、無料にて親切に対応いたします。
大阪商工会議所・神戸市産業振興財団・公益法人京都産業21に登録、アドバイザーとして、中小企業小売店をサポートしております。安心してご相談ください
無料連絡バナー



kajagogo.net



■当社は、下記の公的機関において専門家登録をしております。安心してご相談ください。


ひょうご産業活性化センター
とくしま産業振興機構
京都高度技術研究所
神戸産業振興機構
公益法人 京都産業21
大阪商工会議所 エキスパートバンク
わかやま産業振興財団
三重産業支援センター
中小企業基盤整備機構

相談バナー

(有)一級建築士事務所 カジャグーグー

大阪府知事登録(二)14346号
所在地 〒532-0004 大阪市淀川区西宮原3-2-1 第2ニッケンマンション402号
電話  06−6868−9836 
FAX  06−6868−9848

 店舗レイアウト店舗デザイン作品集インストアマーチャンダイジングサイン計画CI計画ライティング計画工事予算店舗設計料

Q&A グーグーへの質問LINK リンクのページへトップページへ | 家づくりアトリエサイトへ | 店舗診断サイトへ
ポストメール 相談無料 相談無料バナー
メール相談 無料相談