HOMEトップページSHOP INTERIOR店舗デザイン店舗デザインの基本>店舗デザインとCADソフト

店舗デザインとCADソフト

 建築設計や機械設計ではAUTOCAD(拡張子.dwg .dxf)が、また日本の建築ソフトJW(.jww)が多く使われています。店舗デザインではVectorWorks(拡張子.mcd)が多いようです。何故かというと店舗デザインでは写真データやグラフィックデータを切り貼りすることが多く、その処理がしやすいからだと考えられます。そのほか建築ではドラキャドのデータを時々見かけます。そのほか住宅分野では、一軒楽着などいろいろなソフトがあります。また最近注目な3DソフトがGoogleSkechです。使いやすく世界的にユーザーも多く、データが豊富です。

■VectorWorks

・拡張子 .mcd .vwx
  VectorWorksの拡張子は.mcdですが、これは昔このキャドの前身がMiniCadと言うソフトでその頭文字からつけたものです。最近、VectorWorksの拡張子が.mcdから.vwx に変わったようです。最近、私の事務所でもVectorWorks2015にバージョンアップしました。基本的な使い勝手はほとんど変わっていませんが、3Dにいろいろな機能が増えてるようです。

・データ変換、取り込み
  他のCADソフトからの変換は、現在はAUTOCAD(拡張子.dwg .dxf)から変換だけです、以前はJW(拡張子.Jwk)もできていました。取り込みはイメージファイル(.jpg .gif .eps .pdfなど)は多彩なデータが読み込み可能です。イラストレーター・フォトショップからのデータについてもコピー&ペーストできますが、画像が荒れるため一旦jpgに変換後取り込むときれいにいきます。

・3Dも簡単
  3Dも簡単に作成、操作できます。ただ細かいレンダリングになるといろいろ難しいようなので、完成パースで使用したことはありません。ただエスキスを作成するのに昔はいちいち点を取って作成していましたが、3Dで作成して後を手書きで作成しております。

インテリアデザイナー
  私も少し時間のあるときに、Windowsのソフト、インテリアデザイナーでさくせいしてみました。我ながらよくできたなあと思っています。

         
         飲食店(割烹)店舗デザインを3DインテリアデザイナーPROで作成しました
         You-Tubeにアップロードしました。完全版はユーチューブでごらんください

■GoogleSkech






大阪・神戸・京都の店舗開業、リフォームのご相談は、 一級建築士で中小企業診断士の吉川正勝が、無料にて親切に対応いたします。

大阪商工会議所・神戸市産業振興財団・公益法人京都産業21に登録、アドバイザーとして、中小企業小売店をサポートしております。安心してご相談ください
案内バナー
店づくりの基本          店舗デザインの基礎(店舗レイアウトの基本店づくりの進め方・リフォームとリノベーション等)について説明します。
はじめての店づくりのために   初めての店作りで店舗内装工事の相談予算スケジュールについて説明します。
売り上げアップの原理      店舗レイアウト売り上げアップの関係を説明します。
店舗リフォーム           店舗リフォームの注意点について説明します

店舗計画
建物配置、建物計画のポイントを説明します

ストアコンセプト
ストアコンセプト

店舗設計チャート
店舗設計の流れをチャートを使って説明します。店舗設計には十分時間を!
リフォームとリノベーション
リフォームとリノベーションの違いとは?店舗内装の改装時期はいつがいいのか?
店づくりのスケジュール
店づくりの計画から完成までどのぐらい時間がかかるのでしょうか?店舗内装工事期間は・・・
店舗レイアウトの基本

物販店、飲食店、百貨店等の店舗レイアウトについて説明します。店舗設計における平面計画の重要性(売り上げアップ)について説明します。
CI計画
店舗デザインで今、特に気を使いたいのがグラフィックデザインです
看板を考える
看板とは何か。写真で名称役割を説明します。

相談バナー
Q&A グーグーへの質問LINK リンクのページへトップページへ店舗コンサルタント.NETへ | 家づくりアトリエサイトへ | 店舗診断サイトへ
ポストメール 相談無料 相談無料バナー メール相談