HOMEトップページWORKS作品集店舗デザイン作品集(物販店)>ナルホ堂(眼鏡)

ナルホ堂(眼鏡店)

場所              大阪 池田市
面積              30坪
業種              眼鏡店(メガネ店)
店舗デザインのポイント   
お客様のニーズ
隣の店舗が空き店舗となったので、補聴器の販売強化のため店舗を拡張したい。それを機に長年使った店舗を改装リニューアルして一新したい。また予算をなるだけ、抑えるため今ある什器をうまく使えないでしょうか。店頭にボーダーが回っているがこれは必要でしょうか。大手鉄道会社の物件のため、B工事の額が心配です、うまく接渉を進めてB工事の金額を抑えたい。
眼鏡市場の変化
最近、眼鏡がファッションアイテムの一部として定着してきている。以前なら、眼鏡は絶対いや、コンタクトしか使わなかった女性も、両方を使い分ける女性が増えてきた。ある眼鏡店では、度の入っていない眼鏡(伊達眼鏡)の売り上げの3割にももぼっているらしい。実際19世紀末にも日本でも上流階級でロールネット眼鏡(片手で持って使用する眼鏡)が知性や富を象徴するアクセサリーとして流行した。また1920年代、モボモガの間では、丸い縁の太いロイド眼鏡が流行した。このようにファッションアイテムとして認識されるようになったのは今に始まった事ではない。眼鏡がファッションアイテムとして改めて注目されるようになり、眼鏡店の店づくりも変わる必要がある。たとえばファッションアクセサリーの売り場のような店舗。
ニーズに対するプレゼンテーション
店舗イメージは眼鏡と関連して<すっきりよく見えるイメージ>より、白とエメラルドブルーのイメージカラーに設定。そして既存使用している黒い什器は、白い木目のダイノックシートを張って一新する。顧客管理を充実させるためお預かりや顧客カードの収納用キャビネットを新設する。また接客カウンターも新設。ボーダーはすべて撤去して、店頭から天井を大きく見せることにより、店を広くみせる。照明計画はすべて見直すことによりリニューアルを印象付ける。
お客様の声
レジバックのキャビネットは顧客管理がしやすく成っていて非常に助かります。以前の店が黒い家具は重厚感はあったが、店が暗くみた。今回の店舗改装デザインで白とエメラルドブルーがテーマカラーで明るさが増したのがうれしい。また照明が大きく変わって本当に全く違ったイメージになりました。


電話バナー

プレゼンの資料があります。ご覧ください。
眼鏡店 ナルホ堂 イメージパース 
写真にマウスを近づけてください。大きい写真がご覧になれます

眼鏡店 店舗デザイン
ファサード
 眼鏡店 ナルホ堂 ファサード デザイン
ナルホ堂(眼鏡店)
店舗設計 眼鏡店 大阪
ファサード
 




ナルホ堂(メガネ店)の詳しいPLANをご覧なりたい方はココクリックください
眼鏡店 ナルホ堂 平面図



大阪・神戸・京都の店舗開業、店舗内装工事、リフォームのご相談は、一級建築士で中小企業診断士の吉川正勝が、無料にて親切に対応いたします。
大阪商工会議所・神戸市産業振興財団・公益法人京都産業21に登録、アドバイザーとして、中小企業小売店をサポートしております。安心してご相談ください
案内バナー
店づくりの基本          店舗デザインの基礎(店舗レイアウトの基本店づくりの進め方・リフォームとリノベーション等)について説明します。
はじめての店づくりのために   初めての店作りで店舗内装工事の相談予算スケジュールについて説明します。
売り上げアップの原理      店舗レイアウト売り上げアップの関係を説明します。
店舗リフォーム           店舗リフォームの注意点について説明します




■当社は、下記の公的機関において専門家登録をしております。安心してご相談ください。


公益法人 ひょうご産業活性化センター
公益法人 とくしま産業振興機構
公益法人 京都高度技術研究所
公益法人 神戸産業振興機構
公益法人 京都産業21
大阪商工会議所 エキスパートバンク
公益財団法人 わかやま産業振興財団
公益法人 三重産業支援センター
独立行政法人 中小企業基盤整備機構

連絡バナー

(有)一級建築士事務所 カジャグーグー

大阪府知事登録(へ)14346号
所在地 〒532-0004 大阪市淀川区西宮原3-2-1 第2ニッケンマンション402号
電話  06−6868−9836 
FAX  06−6868−9848


Q&A グーグーへの質問LINK リンクのページへトップページへ店舗コンサルタント.NETへ | 家づくりアトリエサイトへ | 店舗診断サイトへ
ポストメール 相談無料 相談無料バナー メール相談