HOMEトップページSHOP INTERIOR店舗デザイン初めての店づくりのために>独立・開業で支給される助成金

助成金とは

国から支援を受けられるものには、助成金と補助金があります。 補助金は主に経済産業省が所管しており、研究開発や商店街など専門的な分野を対象としとしています。補助金は厳しい審査が行われますので、条件を満たせば誰でも貰えるものではありません。審査を通過すると返済不要で国から支給されます。 助成金とは、一般的に厚生労働省所管の支援金を助成金と呼んでいます。 厚生労働省で取扱っている支援金は条件さえ満たせばどんな会社でも貰うことができ、返済する必要はありません。

■独立・開業で支給される助成金

受給資格者創業支援助成金
概要は、雇用保険の受給資格者が自ら独立・開業し、独立・開業後1年以内に雇用保険の適用事業の事業主になった場合に、独立・開業に要した費用の一部を助成するものです。

<支給額>
店舗を独立・開業した日から3か月間に支払った費用の3分の1が助成されます。ただし、150万円が限度となります。被保険者を2人以上雇用した場合は50万円が上乗せ支給されます。
下記の費用がその対象となります。
@法人設立費用・・・・・・・・・・経営コンサルタント等の相談費用、法人登記費用
A職業能力開発費用・・・・・・労働者、創業者に対する技術習得ための講習費用等
B雇用管理改善費用・・・・・・労働者を募集・採用のためのパンフレット、ホームページ、マニュアル等作成費用
C設備・運営費用・・・・・・・・・店舗を独立・開業に伴なう工事費、設備備品機械等購入費、広告費、家賃、フランチャイズ費用等

<受給要件>
@店舗の独立・開業の前日において、算定基礎機関が5年以上あること
A独立・開業する事業者が、その事業に従事していること
B法人では、事業主が出資し、かつその当該法人の代表者であること
C店舗の独立・開業の日から、3か月以上事業を行っていること
D離職日から店舗を独立・開業した日の前日までに創業計画認定申請書を公共職業安定所に提出し、認定を受けること

※個人でも会社でもOKです!交付額:〜200万円まで
※初めて独立・開業される方には使いやすい助成金!
※交付額上限200万円ではありますが、開業される方には使いやすい助成金です。早めの手続きが必須ですので、開業される方はお早めにご相談ください。



電話バナー
図面支援

下の店作りのスケジュールも合わせてご覧ください

店づくりのスケジュール店づくりの計画から完成までどのぐらい時間がかかるのでしょうか?店舗内装工事期間は・・・

大阪・神戸・京都の店舗開業、リフォームのご相談は、 一級建築士で中小企業診断士の吉川正勝が、無料にて親切に対応いたします。
大阪商工会議所・神戸市産業振興財団・公益法人京都産業21に登録、アドバイザーとして、中小企業小売店をサポートしております。安心してご相談ください。
案内バナー
ストアコンセプト
ストアコンセプト

店舗設計チャート
店舗設計の流れをチャートを使って説明します。店舗設計には十分時間を!

リフォームとリノベーション
リフォームとリノベーションの違いとは?店舗内装の改装時期はいつがいいのか?

店舗レイアウトの基本

物販店、飲食店、百貨店等の店舗レイアウトについて説明します。店舗設計における平面計画の重要性(売り上げアップ)について説明します。

照明計画
照明の基本についてせつめいします。今の店舗デザインにおいて、照明計画が特に重要です。

照明 イメージ

CI計画
店舗デザインで今、特に気を使いたいのがグラフィックデザインです。

看板を考える
看板とは何か。写真で名称役割を説明します。

■当社は、下記の公的機関において専門家登録をしております。安心してご相談ください。


公益法人 ひょうご産業活性化センター
公益法人 とくしま産業振興機構
公益法人 京都高度技術研究所
公益法人 神戸産業振興機構
公益法人 京都産業21
大阪商工会議所 エキスパートバンク
公益財団法人 わかやま産業振興財団
公益法人 三重産業支援センター
独立行政法人 中小企業基盤整備機構

相談バナー
Q&A グーグーへの質問LINK リンクのページへトップページへ店舗コンサルタント.NETへ | 家づくりアトリエサイトへ | 店舗診断サイトへ
ポストメール 相談無料 相談無料バナー メール相談 無料相談